#018「旅のおともはお気に入りの一着」


AFRICL Gallery #018


About Model

Hight:160cm

Product:はんぶんこのシャツ 重彩染2022(Jusaizome2022) 重彩染のしずかな迫力を纏う初秋のコーディネート


自分の「すき」に耳を傾け、「すき」に囲まれる暮らしは、きっとあたたかな笑顔に溢れていると思うから、今回も自分の「すき」を実践するあの人に、「すき」や「愛着」について、お聞きしました。

あなたにとって、愛着のある一着とは?

  • ジャパンブルージーンズのデニムとTシャツ

  • A HOPE HEMPのソックス

  • AFRICLはんぶんこのシャツ

あなたにとって、愛着が続くとっておきの特徴とは?

 それを身に着けて、旅に行ったアイテムは忘れられません。成長の証のように思われます。あれこれと苦労した痛みも思い出します。

ついときめいてしまう、つい選んでしまう…あなたの「すき」は?

  • 深い紺色

  • 丈夫なもの

  • 軍用など、実用性があってシンプルなもの

  • 一時のトレンドではないおしゃれが込められている品

肩の力を抜いて、ハッピーに過ごす秘訣とは?

  • 珈琲を淹れる

  • ひととお茶を飲む

  • 散歩する

  • 詩を作る


最後に、AFRICLについて

お手元のお品について、ご感想をお聞かせください

 ゆったり、楽に着られるところが気に入っています。デザインもアフリカ×京都で、唯一無二のおしゃれを感じられます。  ビジネスシーンでも、インパクトを持たせたい時に着ています。


AFRICLについて想うこと、をお聞かせください。

 永く使える、心から気に入ることは服や鞄にとってとても大事なことだと共感しています。一点ものであること、伝統文化を受け継ぐことにも深い関心があります。  これからも凛とした笑顔になれる洋服を楽しみにしています。

 

トレンドではなく、自分の心に寄り添った、心から気に入った一着一点は、きっと人生のさまざまなシーンを何度も彩ってくれる、苦楽を共にした相棒のような存在ですね。 そして、AFRICLへのあたたかなお言葉の数々、本当にありがとうございます。 自分が心から「すき」と思えたものと、心地好くいつまでも生きていけるようなものづくりができるよう、AFRICLも一歩ずつ歩ませていただきます。

皆さんも、ご自分の「すき」はなんだろう?と思い浮かべて、むふむふされてみてくださいね◎