#013「本物との対話」


AFRICL Gallery #013


About Model

Hight:172cm

Product:はんぶんこのシャツ 梅鼠001(Umenezu 001) はんぶんこのシャツをたださらりと纏う 手染めのバティックの迫力が映える、シンプルで美しい初夏のコーディネート


ブレブレですが、いつもお世話になっているセレクトショップ えしかる屋さんの素敵な空気が伝わる1枚があまりにも素敵で、5枚目のお写真に使わせていただいています


大切に育てていらっしゃる植物たちとの1枚も これもきっと大事な「すき」ですね



自分の「すき」に耳を傾け、「すき」に囲まれる暮らしは、きっとあたたかな笑顔に溢れていると思うから、今回も自分の「すき」を実践するあの人に、「すき」や「愛着」について、お聞きしました。

あなたにとって、愛着のある一着とは?

  • マッキントッシュ×ジョンストンズ×伊勢丹のコラボコート

  • コズミックワンダーのトレーナー

  • でにむどすのデニム着物

  • kojimamarketplaceの弁柄染めジーンズ

  • イザベルマランのマントストール


あなたにとって、愛着が続くとっておきの特徴とは?

  • 自分という人間をより稀有なものにしてくれるもの

ついときめいてしまう、つい選んでしまう…あなたの「すき」は?

  • この世に新たな発見を加えてくれるもの

肩の力を抜いて、ハッピーに過ごす秘訣とは?

  • 秘密


AFRICLの構想段階から、見守り続けてくださった稲葉さんにご登場いただき、とてもしあわせなAFRICL Gallery vol.13でございました 何も纏わず暮らすことがなくなった人間にとって「纏うもの」は「皮膚の延長」とも言えるもの 「自分」と「外の世界」との境界の曖昧なところに位置する「纏うもの」が「自分」に与える影響はとてつもなく大きいのかもしれません


皆さんも、ご自分の「すき」はなんだろう?と思い浮かべて、むふむふされてみてくださいね◎