About us

AFRICLが大切にしていること

 

一生モノ、のお洋服

かつて、着物を着ていたころ、

私たちにとって纏うものが、「一生モノ」

であることは当たり前のことでした。


やっと出会ったときめきの一着を、

ずーっと大切に纏い続けられたら…、

それはとてもしあわせなことなのでは、とAFRICL考えます。

ときめき続ける一着に出会えること、

そしてその一着を大切にずっと纏い続けることが、

纏う人にも、生産者にも、そして地球にとっても

一番しあわせなこと、だと考え、

プロダクトの生産、サービスの提供、企画を行います。

Hight_7A_00690.jpg

とっておかない、とっておき

プロダクトの価値は、

使われるときに発揮されるもの、と考え、

「心躍るときめきの一着であること」

「じゃんじゃん使える一着であること」

の両立を目指しています。

 

例えば、お家でお手入れできること、

動きやすさ、汚れも怖くない色柄、

大きなポケットなどの機能性。

 

AFRICLのときめきの一着を

じゃんじゃん使っていただけたら本望です。

Hight_7A_00546_edited.jpg

Made in AFRICA, Made in Japan

近年、日本でも「アフリカ布」と呼ばれる

カラフルな生地を見かけることが増えてきました。

そうした生地の多くが、アフリカ以外の地域で生産され、

アフリカで輸入されたものであることをご存知でしょうか。


それらの生地も、現地の人々の生活に

根差したアフリカの文化であり、

今のアフリカ文化をポップに楽しめる素敵な生地ですが、

AFRICLでは、ベナンをはじめとしたアフリカの国々の

手仕事のあたたかさを感じていただきたい、という想いから、

「アフリカで作られた生地であること」

にこだわります。

また、遠路はるばるやってきた生地を、

「日本の日常に馴染むかたちで」

「末永く、心地よく」纏っていただきたい、

そんな気持ちで、プロダクトのデザインから縫製までは

日本で行います。
 

アフリカの手仕事のあたたかさが、

日本の日常にときめきを彩ってくれますように。

 

Beninese & Japanese  の心地よさ、をぜひお楽しみ下さい。

Hight_7A_00552.jpg