#015「ぬくもりに囲まれて」

更新日:9月2日


AFRICL Gallery #015


About Model

Hight:168cm

Product:まいにちのスカート 木賊001(Tokusa001) 今回は、インドの美しい刺繍のブランド itobanashiの伊達さんにご協力いただきました。 itobanashiさんのHAREGI Tシャツに、同系色のまいにちのスカートが爽やかな、初夏の装い。

自分の「すき」に耳を傾け、「すき」に囲まれる暮らしは、きっとあたたかな笑顔に溢れていると思うから、今回も自分の「すき」を実践するあの人に、「すき」や「愛着」について、お聞きしました。

あなたにとって、愛着のある一着とは?

 AFRICLのスカートはずっと履けるといいなと思っています。  あとはitobanashiの服は全部大事にしたいかなー。  ミナペルホネンで初めて自分で買ったワンピース、夫に初めて買ってもらったタイの少数民族のワンピース、そのあと買ってもらった国産ジーンズも大事にしたいなと思っています。



あなたにとって、愛着が続くとっておきの特徴とは?


 手にしたときに、その服を買った(買ってもらって初めて着た)日を思い出せるもの。


ついときめいてしまう、つい選んでしまう…あなたの「すき」は?


 身体を無理せず最大限綺麗に見せてくれるデザインが好きです。  その人の気にしている部分を長所にしてくれるようなデザインが特に好きです。


肩の力を抜いて、ハッピーに過ごす秘訣とは?

  • よく寝る

  • 元気でエネルギッシュな人に会う(先輩実業家など)

  • 美味しいものを食べにちょっと遠出する


最後に、AFRICLについて

お手元のお品について、ご感想をお聞かせください


長さが自分の身長にちょうどいいです。 昔は身長が高いことを気にしていたのですが、足がそのままの長さで綺麗に見えるのに、リラックスした状態で履けるのが好きで、今日はちょっと出かけるけど、そこまで気張らずにいたいな、というときに重宝しています☺


 

実は「あなたにとって、愛着のある一着とは?」という問いでは、”ハッピーの賞味期限”という言葉をもちいて、永く愛用しているもの、いつまでもときめかせてくれるものをお聞きしています。 そのお答えとして、まいにちのスカートを挙げていただいて… 「一生モノのものづくり」を目指すブランドとして、こんなにうれしいことはありません。 タイの少数民族のワンピースや国産ジーンズなど、伊達さんご夫婦らしいプレゼント事情にも、ほっこりさせていただきました。 自分たちの「すき」を大切にされている暮らしが、垣間見えますね。

皆さんも、ご自分の「すき」はなんだろう?と思い浮かべて、むふむふされてみてくださいね◎